身長を伸ばすためには、牛乳をたくさん飲めばいいと思っていましたが、スポーツ選手のための食育講座を受けてから身長サプリを飲ませるようになりました。

 

身長を伸ばすためにはカルシウムが必要です。
そして激しいスポーツやストレスによりカルシウムって奪われてしまいがちな成分でもあります。
ですから、成長期は確かにカルシウムをかなり多く摂る必要があります。スポーツをしない子でも、10〜18歳くらいは800r程度のカルシウムが必要なんです。12〜14歳の男子においては一日1000rも必要なんです。ですから、スポーツしている子はもっと必要です。

 

人が一日に摂取すると言い栄養素は厚生労働省がネット上で公開しています。
これ見たら一目瞭然です。

 

カルシウムの望ましい摂取量が提示されています
厚生労働省 eヘルスネット

 

 

でも普通に考えて、1000rって大きな牛乳パック1箱近くです。200rのパック5個分です。
正直、毎日1箱は無理でしょう。アレルギーの原因にもなってしまいますし、食事が食べられなくなったり消化に力を使ってしまったり・・・
そして、子供の身長を伸ばすためにはカルシウムだけでなくカルシウムの働きを助ける成分だって必要です。
これをしっかり摂らせることってかなり難しいです。いちいち考えていたら、子育てに仕事に忙しいママは疲れ切ってしまいます。

 

だったら、毎日しっかり3度の食事を食べさせて、+アルファーで足りない栄養素を補いましょう!ということです。

 

※ちなみにここでいう一日3度の食事は、”パンと牛乳”で一食ではなく、”パンと牛乳、目玉焼き、野菜サラダ、フルーツ、ウィンナー”といった感じの食事のことです。もちろん、パンと牛乳になってしまったなんて日もあるとは思いますが・・・※

厚生労働省 食事バランスガイド

 

 

私も驚きでしたが成長期の子供って親が想像している以上に栄養素が必要だったんです。
しかも昔と違い、スポーツも激しい練習で体を酷使していますし、日常生活でもストレスが多くなっています。
だからサプリって大人よりも成長期の子供の方が必要なんじゃないのかなと思えるのです。

身長を高くする食材ランキング

身長を高くするには 高タンパク低カロリーの食事がいいです。
食材別のランキングです。

 


NO.1 まぐろ   NO.2 たら   NO.3 カツオ(春)
魚のランキングはこのようになっています。マグロの赤身は高タンパク低カロリーです。またEPAやDHAも多く含まれる食材です。

 


NO.1 鶏ささみ   NO.2 鶏ムネ   NO.3 豚ヒレ
肉のランキングは脂身の少ない部分ですね。タンパクですが料理次第でどのようにも調理出来ます。中でも豚ヒレ肉はビタミンが非常に豊富です。ただ値段も高いので、育ち盛りの子供の食べる量を考慮すると値段の安い鶏肉になりますね。
鶏肉のささ身やムネはコレステロールの心配がありません。

 

乾物
NO.1 のり   NO.2 桜えび   NO.3 しらす干し 
値段も手ごろな乾物はタンパク質の他にも多くの栄養素を含みます。家庭に常備して頻繁に摂取するといいでしょう。